2018年6月28日木曜日

フランス旅行での荷物預かり

最近続けて日本から知合いが来て、自分がパリの一般的観光情報に疎いことが赤裸々になった( とはいえ私しか知らないことも色々あるのだが、、、)、次の情報はフランス旅行をする人にとって役立つのではないかなー?

何かと言うと 「荷物預かり」

日本のようなコインロッカーが各地にある国から来るとフランスへ来て当惑してしまう旅行者が多いと思う。

今仏国鉄のサイト内のページで調べてみたら、コインロッカーがあるのは、パリのオーステリッツ駅、北駅、東駅、リヨン駅、モンパルナス駅、加えてディズニーランドのあるパリ近郊のマルヌ・ラ・バレ、それから大地方都市のリヨン、ストラスブルグ、マルセイユ、カンヌ、モンペリエ、トゥールーズ、ボルドー。リールとディジョンは手荷物預かり所があるらしいので、結局荷物を預けられるの駅は全国に15しかない(それもロッカーが空いているとしてのはなし)

では良い旅行を
私もずーっと困っていたのだが昨年 nanny bag という便利なサービスを見つけた。ホテルがアルバイト的に(?)泊まり客でない人の荷物を預かってくれるのだ。上のリンクのサイトであらかじめ予約する。コインロッカーでないので大きな荷物も大丈夫。但し受付時間がどこでも同じということはないので注意が必要。

これで宿泊予定でない途中の駅で降りても、町を手ぶらで観光することができる。今現在預り料は6ユーロ。

注意:国鉄の駅情報も「ナニー」も観光情報は変わるものなのでその都度確かめて下さいね。


補足:フランスではテロ対策のためコインロッカーが一時皆無になった。テロと言っても昨今のイスラム原理派の自爆テロ故ではなく、大昔、多分95年のアルジェリア内戦を背景にしたイスラム武装団が地下鉄にガスボンベを使って作った爆弾を仕掛けた連続テロ以来だと思う。私が来た83年当時にはまだあった。

ところで日本・ポーランド戦を先日見つけた大きな液晶スクリーンのあるカフェにわざわざ見に行ったらセネガル・コロンビア戦を中継、結局どこのバーも同じ。そりゃそうか、両国に比べたらここパリでは日本人なんか全然マイナーだし、ポーランドは決勝リーグ出られないのは決まっていたし、、、。かくしてこの投稿が生まれた(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿